INTERVIEW 従業員インタビュー ユーザーさんが
ストレスなく楽しめるものを
作っていきたい
2016年入社 サーバーエンジニア
榊原 諒

StudioZに入社した経緯

2017年の新卒として入社しました。
CROOZ株式会社の内定をいただいたタイミングで、同社のゲーム事業部が独立子会社化し、StudioZ株式会社が出来たため、
CROOZ株式会社に入社、研修を受けた後にStudioZ株式会社に転籍しました。
初めは、せっかくエンジニアになるならゲームを作ってみたい、という気持ちで会社説明会を受けました。
未経験からのエンジニア採用は珍しく、ここでなら成長できると感じたため入社を決めました。

あなたにとっての会社の魅力は?

「これをやりたい、やってみたい」あるいは「ここをこうしたい」という提案が通りやすいところ。それと、一人に任される領域の広さですかね。
自分の「やりたいこと」や、「こうした方がより良いゲームになるのではないか?」等は、チームが求めていることでもあり、採用されることが多いです。
責任範囲の広さでいうと、会社の売上柱となっているタイトル「エレメンタルストーリー」のサーバーサイドエンジニアをすべて任されている時期がありました笑
不安はありましたが、他プロジェクトに絶対的に信用できる上司がいて、その人からたくさんのことを教わったので全然問題なかったです。
また、子会社化した際にバックオフィス系の業務を任されることもあったので、当時はそちらの対応と、今でもエンジニアの兼任で社内の情報システム管理全般をしています。

あなたから見た部署内の同僚の印象は?

エンジニアチームは結構、頑固というか自分を貫いてる人が多い気がします。
また、締め切りまでには絶対に「ガチャ」「ログインボーナス」「ショップ」等、ゲームに実装する機能を入れきるという意識で、みんなしっかりやり通しています。
ゲームをどんどん良くして、ユーザーさんがストレスなく楽しめるものを作っていきたいです。

今後StudioZでどんなことがしたいですか?
また、目標はありますか?

まずは、エンジニアとして実力を伸ばしてチームを引っ張っていけるようになりたいです。
エンジニアとしても、開発チームとしてもプロジェクトを進めていけるようになります。
あと、長い間「エレメンタルストーリー」の生放送のオペレーションをやっていたので、いつかは大きなイベント会場で、でかいイベント回したいですね。

ゲームの世界に転生するとしたら、
どんなゲームで、どんなことをしますか?

FPSの世界でごみ拾いしてお金持ちになりたいです。
お金持ちになったら自分の好みにカスタムした武器で戦場にいくのが楽しそうですね。

音楽が好きで、休日にはライブを観にいくことも。 最近は「LiSA」や「神様、僕は気づいてしまった」などをよく聴きます。

とある一日のタイムスケジュール

11:00 ~ 11:15
朝会
11:15 ~ 14:00
開発
14:00 ~ 15:00
休憩
15:00 ~ 16:00
社内ミーティング
16:00 ~ 20:00
開発
※情報システム関連の依頼があれば対応