INTERVIEW 従業員インタビュー 大きなチャレンジも
できる環境です
2010年 CROOZ株式会社入社(2016年 StudioZ株式会社入社)
プランナー
保泉 臣悟

StudioZに入社した経緯

前職までコンシューマ・オンラインゲームの会社にて勤務しており、 2010年にCROOZ株式会社に移籍し、
エンジニア・プランナー・ディレクターといった複数の役割にてアプリゲームの立ち上げ&ヒットを数多く経験しました。
そして、自身がStudioZ代表取締役の池幡と共にゼロから企画して立ち上げたタイトル「エレメンタルストーリー」のヒットを契機に、
エレメンタルストーリーの開発チームを中心に今の経営メンバーと共にStudioZ株式会社を立ち上げました。

あなたにとっての会社の魅力は?

まだ若い会社であり、大きく成長したいと考えるメンバーが多く、
望めば望むほど新しい取り組みができるだけでなく、大きなチャレンジもできる環境です。
維持停滞を悪と捉え、時代の変化に合わせて環境・ツール・仕事内容・仕方と多くのものが変化し続けており、 自身も会社も多くを学んで成長していける、そんな環境・仲間が最大の魅力です。
新しい事に興味・関心が強く、時代の変化を楽しめる人は相性が良いのではないでしょうか。

あなたから見た部署内の同僚の印象は?

とにかくモノづくりが好きな同僚が多いです。
仕事となれば、コンテンツを自分事として捉えて、職種問わず意見・提案が多く上げられ、皆が皆、本気でゲーム開発・運用に取り組みます。
エンジニアでも新しい言語やツール・BOTの開発をして職場の改善をしたり、全体に新しいツールの導入を促して全体の環境を変えてしまったりと 好きなことに対して行動力のある方が複数在籍しています。
プライベートでもゲーム開発から、動画配信、ボードゲームの開発や販売、コスプレ、アニメ、VTuber、投資など広い趣味やアンテナを持った同僚が沢山います。
ONでもOFFでもクリエイティブな方が多く、刺激を与えてくれる仲間が多いことが特徴です。

今後StudioZでどんなことがしたいですか?
また、目標はありますか?

ゲーム業界・時代を牽引するようなヒットコンテンツを立ち上げることが目標です。
引き続き、新しく、そして面白いコンテンツを作り続けていきます。

ゲームの世界に転生するとしたら、
どんなゲームで、どんなことをしますか?

未知のものに触れる体験や旅行が好きなので
海外旅行の気分でファンタジー世界を見て回りたいですね。
盗賊やモンスターは怖いので転生する時は最強設定でお願いします。

エレメンタルストーリーはリアルイベントも活発に行っています。 写真は秋葉原で開催した、エレメンタルストーリーの周年記念のイベントでの一枚です。実装される日は来るでしょうか!

とある一日のタイムスケジュール

11:15 ~ 11:30
プロジェクトの朝ミーティング
11:30 ~ 12:00
商品企画ミーティング
13:30 ~ 14:30
休憩
15:00 ~ 16:30
新規コンテンツの試遊会
18:00 ~ 18:45
新規コンテンツの定例ミーティング
19:15 ~ 19:30
プロジェクトの夜ミーティング
※空いている時間で企画・データ・資料作成など