INTERVIEW 従業員インタビュー スタッフが便利で気持ちよく
仕事ができる環境を作っていきたい
2019年入社 バックオフィス
高橋 亮

StudioZに入社した経緯

前職は都内のホテルで苦情対応の仕事をしていました。
時には政府の要人や海外のVIPへの対応も行う場面があったため日々やりがいを感じながら仕事をしていましたが、
『どんな会社でも基盤となっているバックオフィスの仕事にチャレンジしたい』と思い、 CROOZの総務部勤務を経て、2019年にStudioZへ入社しました。

あなたにとっての会社の魅力は?

自分がこうしたいと思ったことを会社がスピーディーに検討してくれるところです。
多くの会社ではなにか変えようとすると、まず上司の承認を取り、その上司が部長に承認を取り、部長が全社会議で承認を取り……。
実行できるのが1ヶ月後なんていうことも少なくないと思いますが、StudioZではその過程がとても早いので1週間以内や即日許可が下りるなんていうことも多くあります。
あとは働き方がとてもフレキシブルなところも魅力だと思います。
私もそうでしたが、朝早く起きて満員電車に乗り、引継ぎを確認するため始業の30分前には出勤しなければならず、会社に着いた時には既にヘトヘト、夜も残業続きで早く帰れない……という会社も多いと思います。
その点StudioZの始業は基本11時~となっており、またリモートワークも積極的に導入しているため満員電車に乗る必要はありません。
始業終業のコントロールも自分でできるため、その日の体調や用事に合わせて自分がベストなパフォーマンスを発揮できる働き方を選択できるところも大きな魅力だと思います。

あなたから見た部署内の同僚の印象は?

仕事内容の通り、幅広い業務の対応をしていますが、元々担当していたスタッフの方々から引き継ぎをする際にはとても丁寧に教えてくださり、 また今でも困った時には快くヘルプに入ってくれるので、心強く、頼もしいメンバーが揃っているなと感じます。

今後StudioZでどんなことがしたいですか?
また、目標はありますか?

何か手続きのことは高橋に聞けば大丈夫と言われるような信頼あるスタッフになっていきたいです。
また、柔軟な働き方が求められている昨今の環境に対応し、スタッフが便利で気持ちよく仕事ができる環境を作っていきたいです。

ゲームの世界に転生するとしたら、
どんなゲームで、どんなことをしますか?

サッカーゲームに実名で登場したいです。
小学生の頃からゴールキーパー一筋でサッカーをしていたので、ポジションはやっぱりゴールキーパーがいいですね。
当時、川口能活選手や西川周作選手が憧れでした。

2015年頃、都内のホテルにて勤務しているときの写真。
お客様が宿泊される部屋のチェック業務中。

とある一日のタイムスケジュール

11:00 ~ 12:00
連絡事項の確認、メールの返信
12:00 ~ 13:00
総務業務(オフィス設備のチェック、消耗品在庫確認、備品発注)
13:00 ~ 14:00
郵便確認、書類対応
14:00 ~ 15:00
休憩
15:00 ~ 17:00
労務業務(入退社手続き、勤怠管理)
17:00 ~ 18:00
会議資料作成
18:00 ~ 20:00
経理業務(発注書、請求書確認)、法務業務(捺印、契約書郵送)